「出来ている喜び」を「もっと」感じよう♪

2020年12月9日

さすが師走です。

実はそんなに意識していないけれど(;´Д`)

あぁ、年賀状もまだ買っていない💦

 

 

 

毎日、あっ!と言う間に

 

過ぎていきます。

 

 

早いです。

 

時間は

みんなに平等にあると言われておりますが

なんとか使い方

もっと上手になりたいものです。

息子の塾のお弁当作りが

段々定着してきた16時。

そっと奥に写っている

オレンジカルピスは持っていかないよ

 

 

「こんなヘンなのに入れないでよ」と

クールに言われるけれど

 

 

これ見ると

 

元気出るじゃないか。

 

 

 

 

おにぎりお弁当の時はこの袋(笑)。

スープもなるべく付けてるよ♪

 

先日の新聞「おくやみ」欄に

46歳の女性のお名前が載っておりました。

 

 

 

病気だったのかな...

 

 

と思っておりましたらば

 

 

 

長男が小学校の時の

同級生のお母さまだったことが

先程わかり

 

 

たった15歳でママが

この世から去ってしまったこと。

 

 

たった

46歳で

子どもと

暮らせなくなったこと。

 

 

どんなにか

 

どんなにか

無念だったろうかと思うと

 

 

涙が出てきそうになるけれど

 

 

もう一回、出しちゃおう。

いつでも

天真爛漫で

純粋で一生懸命な

 

スポンジ・ボブ。

二男が大好きで土曜の18時から強制的に

「アニメ・スポンジボブ」見せられます🤣🤣

 

 

やっぱりこの顔は元気が出るよね。

 

 

せっせと

肉団子を製造(!)していたら

帰宅した長男が

 

 

 

「え〜、今日も弁当〜」と

 

 

がっかりしやがって

 

 

 

 

『なにさ、感謝しなさいよね💢😤」と

言ったものの

 

 

 

する訳ないさね。

 

 

 

友達と休憩の時に

コンビニに買いに行きたいんだってさ。

 

 

親の努力(?)なんか

関係ないもんね(;´д`)。

 

 

と、少し(?かなり??)

 

 

こちらがガッカリしたし

一瞬、ムッとしたけれど

 

 

 

ちょっと考えてみたら

 

ワタシ、

 

好きでお弁当作っているんだもん

良いんだもん❤️

 

 

ママが

やりたくてやってるんだもん🎶

 

 

と、今は(本当だよ)

 

思うから

なんか

平気になっちゃったさ。

なんと言われても。

 

 

ママの愛のお弁当の押し売り

私は辞めない🤣🤣🤣🤣🤣。

 

 

 

 

生きているから。

 

お弁当作れるから。

お金もあげられるし。

 

 

前に

 

逆の

新聞投稿を読んだことがありました。

 

 

若い時に

まだ幼い息子さんを亡くした

お母様が

 

それから数十年たって

 

 

「塾のお金を支払いたくても

その息子がこの世にはいない。

 

学校のお金を支払ってあげたくても

その息子がもう居ない。

 

結婚式のお金を支払いたくても

それも払えない。

 

子供の為のお金を

支払えるって幸せなことです。」

 

 

と言うような内容でした。

 

 

 

 

どちらもそうよね。

 

 

だから

 

 

出来ている喜び

 

もっと感じよう。

 

 

 

この人が居てくれるから

こんなことが出来る♫

 

 

 

ノートに書き出してみるのも

お薦めだよ☆

 

1人で継続できない人は

ワタシに鬼コーチを頼みましょう♪

 

 

 

もう一回出しちゃおう!

 

明日は

久しぶりに師匠の

「子育て支援セミナー」!

 

★次のセミナーのご案内★

ここをクリックしてね★
※近日更新予定

 

 

Pocket