「馬」から始まったシンクロニシティ♪

2020年11月4日

最近の我が家での

出来事なのですが

 

 

陸上をやっている長男。

 

 

 

その走りを見て

オットが

 

「あいつ、馬みたいだなぁ。」

と、つぶやいた一言から

 

「ほーーー。納得。」と

うなずきながらその走りを眺め

 

 

 

毎年来ると

買出しに行く

全国陶器市の最終日

見つけた

 

 

「あら、(むすこ)。」

 

と新調したのがこれ。

ちなみに二男のは「龍」。

このお茶碗の「糸底」部分

ここ「糸底」と言うそうですよ。知ってた??

「はれ?

馬の字が反対になってるよ。」

一瞬”間違えたのかな?”とも思った(恥っ!汗)

 

 

で、調べてみたところ

 

 

これ、「左馬(ひだりうま)」と言って

 

================

馬は左側から乗ると

倒れないとされるため、

 

また

 

「うま」が転じて

「まう」という音は、

昔からめでたい席で踊られる

「舞い」を思い起こさせるため

 

「左馬」は

福を招く縁起のよい駒。

とされています。

 

 

」の字の下の部分が

財布のきんちゃくの形に

似ています。

 

きんちゃくは

口がよく締まって

入れたお金が逃げていかないため

古来から富のシンボル

されています。

~Google先生に教えて頂きました。

=================

 

 

「そうなんだ~♪」

 

 

知ってた?

 

 

 

私は知らなかった!!!

 

 

「知るって楽しいなぁ♪」と

喜んでいたら

 

 

久しぶりに

 

山形県に

 

出張してきたオットが

 

 

将棋の駒の名産地

天童市に行った際

 

 

何やら

家族全員分

発注してきたらしいものが

 

 

 

 

素晴らしいパワーのある

 

10月31日の満月の日に

 

届いたYO!

 

これもすごいご縁♪

その日の17時過ぎの温泉に行く途中の満月。

これは

ものすごい縁起が良いわ!

 

 

という事で

早速

満月パワーをいただくべく

月光浴も完了!

 

それが

これだよ!

吉駒「Kikkoma」と言うのですね

左馬の裏には

それぞれの名前が手彫りされておりまして

私のにも裏面には左馬が

彫られております🎶

 

 

 

ご丁寧にこんな手書きのお手紙が

添えてあるのもステキ✨愛✨

 

息子の走りが

 

「馬みたいだなぁ」から

始まって

そのおかげで

 

 

「左馬」を知って

 

 

そうしたら

 

出張先で左馬の「吉駒」に出会い

 

やってきた

 

 

 

我が家への「福」と言うか

 

「富」♪

 

 

この偶然の一致のようで

偶然じゃない

その「つながり」を発見できると

”シンクロニシティ”に

沢山気付けるようになるよ!

 

つまり

”シンクロ”に気付けると

 

沢山

 

”富”に気付けるという事です♫

 

 

 

さて、この「吉駒」

 

どこにつけようか

考え中なのです♪♪

 

 

★最新のセミナー情報★

次のセミナー情報はここをクリック!

Pocket