ボランティアって?

2021年4月30日

先日、2月から始まった

3回講座

 

「メンタルと個性心理学」が

終了いたしました。

 

3月のヒトコマ


最終回で

 

個性心理学の

「感情のリズム」について学ぶのですが

 

 

 

ちょいちょい出てくる

アドバイス

 

 

「ボランティアする良い」と言う

キーワードに

 

 

 

 

 

”ボランティア”って?

 

 

 

と言う

声が出まして

 

 

 

 

「ボランティア」

言う言葉に

どことなく

抵抗があるというか

 

 

 

何すればよい?

どこかの団体に所属しなくちゃ

出来ないんじゃない?

なんか

お金持ちがすること?

 

 

とかとかなイメージが

 

あるかも。

という事に気付きました。

 

 

 

 

 

Wikipedia氏に

尋ねてみたところ

 

『自らの意志により

(公共性の高い活動へ)

参加する人のこと、

またはその活動のこと。』

 

 

とありましたよ。

 

 

 

 

つい最近のことですが

 

 

新聞に

幼稚園の先生を定年退職したご婦人が

もう二十数年間

 

お年寄りのお家にお電話をし

お相手のお話を聞きながら

その方の

体調の良しあしを聞くことを

ボランティアで行っていた。と言うのを

読みました✨

 

 

「楽しんでやっていたら

二十数年たっただけ。」と

サラッとおっしゃっていたように

記事で読みましたが

 

 

ステキ!

 

 

 

「ボランティア」って

先日のそのセミナーでも伝えましたが

ワタシの場合は

 

 

 

”学校のお手伝い”

立派なボランティアのひとつだと

思っております。

 

 

 

 

様々なPTA活動、

そうだよね。

 

 

 

子供たちの部活動のお手伝いもそう。

 

 

 

 

それがない方々は

近所のゴミを拾うことだってそうだし

 

 

 

例えば

 

ご近所にお年寄りの方が

お住いの場合は

”今日も元気かな?”と

少し心を寄せて差し上げるのも

立派なボランティアだと思う!

 

 

 

ちなみに私は

今日、息子たちの小学校の

ジャージ2人分を

学校に寄付してきたよ!

 

 

 

 

卒業して1ヶ月以上たってから

やっとできた!

気になっていたのだ。

息子たちの小学校に久しぶりに

行ってきましたが

 

 

 

着古したジャージでも

とても喜んで

受け取って下さり

「お名前は?」と聞かれたので

名字を伝えたら

 

「あぁ、小比類巻さん!

いつもスケートやら何やらで

お手伝いしてくださいましたね!

有難うございます!」と

感謝され

こちらもなんだか

とっても嬉しく良い気持ちになりました✨

 

 

 

 

「嬉しい気持ち」は

波動が上がっている証拠♪

 

 

 

 

 

こうして

波動を上げていくのも

運が良くなるために必要です✨

 

 

 

是非、皆様も

気負わず

自分に出来ることから

自分が

「気持ちよくなれること」

(ここがポイント)を

やってみると良いと思います♪

 

 

 

息子たちのジャージを

ゴミにするのではなく

 

また誰かが着てくれる♪

嬉しいよね!

 

 

 

お友達登録すると

いち早く(⁉️)面白ネタが読めるかも

Pocket