捉え方と伝え方講座でした

2021年5月28日

「とらえ方と伝え方」の

講座だった昨日。

こんな感じでワシャワシャ書きまくってます

面白いもので

 

集まる方は

必ず

何らかの共通点があって

 

 

 

「意味があって

ご一緒になるのね。」と

毎回思います。

 

 

 

 

今回のお悩み共通点は

 

 

 

 

・職場の困ったちゃん対応

・お客様のクレーム対応

・シニア対応

 

 

などなどが主だった共通点でした。

 

 

 

 

「困ったその人」

 

”捉え方”は

では

 

どう変換できるだろうか?

 

 

参加者のIさんから

 

 

「”八方美人”って

あんまりよい表現ではないですよね。

褒めてないですよね。」と言う

ナイスな課題を頂き

 

 

 

では、どんな表現があるかな。

まず考えてみましたよ。

先程のホワイトボードの写真見てね

 

 

 

 

 

自分の頭の中の引き出しには

 

どのくらい

変換できる言葉が入っているか。

 

 

 

自分の

それを

「知って・気づく」ことが

先ずは重要です。

 

 

 

そしてそれから

 

「表現を増やす」。

 

 

その作業を通常はするのですが。。。

 

 

 

 

 

 

今回は

 

 

宇宙の話から

 

風の時代の話

 

 

 

そこからの

リフレーミング(とらえ方)

 

そして

前での「困ったちゃん」への

 

上手な伝え方について。

 

 

 

 

 

夫婦仲始め

 

人間関係円滑になる

言い回しについて。

 

 

 

 

 

昨日は

今まで以上に

濃い講座だった気がします(*‘∀‘)。

 

 

 

「楽しかったです!」

最後の感想で言われ

 

 

 

 

「どの辺が?」と聞いたら

 

 

 

「・・・全部!」と

言われたのも嬉しい感想でした!(笑)

 

 

 

 

6月始まりのこの講座は

三沢市にて予定しております。

 

 

 

 

そして話変わって

 

只今、遠征中の長男が

送ってきてくれた

昨日の青森市の競技場の写真。

ワタシ、

 

学校の年間行事予定表を見て

高総体Weekは来週だと思って

 

来週の後半

予定全部、空けていたのに

実際は一週間早い開催で

 

 

 

「仕事入れてるし

観に行けないじゃん(# ゚Д゚)!」

 

 

と、プンスカしていたら

「無観客試合だよ。」と言われ

 

 

 

それはそれで

ガクッと来たけれど

 

 

今朝のこの新聞の記事を読んで

本当に有難いことだと思いました。


「生徒が夢をもって取り組んできた

成果を出せるよう、大人がしっかり

舞台を整えなくてはならない。」

言うのが

開催を決断した理由だそうです。

 

 

なんてステキ。

 

 

「できない。」ではなく

大人がしっかり舞台を整える。

最新の注意を払う。

 

 

 

なんて有難く

 

なんて幸せなんだろう。と

感じました。

 

 

 

出来ない。の視点より

 

どうしたらできるか。

 

 

 

観点や

 

ワクを変えられたら

 

 

 

きっと

今より幸せになります。

 

 

👇今後の予定はコチラ👇

セミナーの開催予定 | 開花アカデミー (kaika-academy.com)

Pocket