「全部ギフト」と捉えられたらステキ

投稿日:2021年6月14日

6月10日の朝

 

新聞の投稿を読んで

「なるほどなあ〜」と思い

 

 

 

その日のLINE公式の方で

小比類巻香公式ファンクラブの(笑)

皆さんにも共有させていただきました↡。

そう言えば

私も小学校の時読んだ記憶があるよ

「少女パレアナ」。

 

 

 

「辛いことや悲しいことの中でも

喜びを見つける」って

 

 

 

 

その真っただ中にいると

 

 

なかなか

難しい。

 

ことではあるけれど

 

 

 

 

その意識を持っておけば

 

 

きっとどこかのタイミングで

 

「喜びに変える・発見できる」に

なれるのかもしれない。

 

 

 

 

 

それが

「見方や捉え方を変える」セミナー

 

 

私が熱弁するところなのですが

 

 

 

 

 

この

パレアナの記事を読んだ日

 

偶然 (シンクロだよ!絶対) 

 

その日のYouTubeに

出てきたのが

 

 

 

 

とうこちゃんに

 

 

随分前に教えてもらって

 

 

最近、

 

改めて

 

その軽やかさと

天才っぷりで

 

 

リスペクトしている

 

 

藤井風氏の

 

 

多分、1年前の

ニュース動画。

 

 

 

 

車で移動している途中

チラ見しながら(!)

聞きながら

 

 

 

泣いた。

とうこちゃんから

初めて「藤井風」のことを聞いて

iTunesで検索して

初めて聴いたのが

 

 

 

 

この動画でも

取り上げられている

「帰ろう」だったのだけど

 

 

 

これを初めて聴いた時

 

 

 

丁度

大好きな友達と

 

 

だんだん

考え方が合わなくなって

 

 

 

 

なんで?

 

なんで?

 

 

どうすれば前みたいになれる?

思っていた時だった。

 

 

 

 

だけど

 

 

 

「♪まぁーーーってるからさ

もうろう~♬」聴いて

 

 

 

 

何度も何度も

大号泣して

 

 

でも

 

 

あ、そうか。

 

わたしには

わたしを大事に考えてくれる

 

オットもいるし

両親も子ども達も

友達もいるし。

帰ろう。

 

 

そう思ったら

 

 

 

スッキリした。

 

時間はかかったけど😅

 

 

 

私も、(動画の風君が乗っかっている)

その

 

 

動くソファに

乗っかって

違う道に進んだだけ。

 

 

それで良いんだな。と

 

思ったら

 

 

 

ものすごいラクになった。

 

 

のを

 

思い出しながら

 

 

 

 

先程の

ニュース23の映像を視たけれど

 

 

 

 

「全部ギフト。

 

悲しかったり

苦しかったりすることって

あんまりなくて」と

 

 

 

風さんは言っていて

 

 

 

そこなのよね。

 

 

「互いに思いやること。」

 

「常に助け、決して傷つけない。」って

 

 

あぁ、なんてステキなんだろう。

風君のお父さん、すっげーーーなぁ😭。

 

 

わしも、そんなことを

子供たちに教える母でありたい。

 

 

 

何回視ても

わたし、泣いてしまう動画です。

 

 

 

 

このブログは

 

 

わたしの個人レッスン受けている

 

 

中学生も見ているはず

 

女子大生のあの子も見ているはずだし

 

山口県?だったっけ。

年に1回、トレーニングを受けに来る

彼も見ているはず。

 

 

 

それから

 

 

お父様が危篤で

帰省されているあの子も見ているよね

(彼女には先に視てね!とLINEしたけど)

 

 

みんなみんな

優しくね。

 

 

 

 

って

わたしにとって

 

「あなたの為!」

 

「わかってもらいたい!」と

 

 

 

熱くなると

 

つい

 

 

 

叱咤激励しすぎて

(;´Д`)

 

「怖い。」と思わせちゃう

傾向があるから🤣

 

 

 

オットがこの間

 

 

「香はそれでいいんだよ。

でも」

 

 

 

「小比類巻に叱咤激励されて

 

”怖いと思ったら左手上げてね”

 

歯医者さんが言うのと同じ感じで

先に言っといたら🤣」

 

 

「それいいね~😂🤣😅😆」と

 

 

笑った・・・。

 

 

 

優しさもひとそれぞれな

わけですが

 

 

ね。

 

 

 

優しくね。

そうありたいね。

 

 

 

 

Pocket